2017年05月31日

SOS!こどもの貧困〜こどもの問題はおとなの問題〜

今、日本の子どもの6人1人が貧困状態。豊かなはずのわが国で、安心して食べて眠るという生活ができず、未来に夢や希望がもてない子ども達が増えている現実があります。
この「子どもの貧困」をテーマに、6月17日土曜日の午後2〜4時、クレオ大阪南で講演会を開催します。お招きするのは、朝日新聞大阪本社 生活文化部 記者の山内 深紗子(やまうち みさこ)さん。
先日朝日新聞大阪本社に山内さんを訪ね、取材させていただきました。山内さん(取材時).JPG

山内さんは2001年に入社。
若者の貧困を追いかけることになったきっかけは、長居公園。「今のホームレスは、公園だけじゃなく、街の中にまぎれて見えなくなっているよ」という野宿者取材で聞いた支援者の一言だったそうです。当時はまだ「若者の貧困=自己責任」という認識が強く、ホームレス化してネットカフェを転々とする人たちがでてきていることは報じられていませんでした。ですが、山内さんは、本当に自己責任なのかを確かめたくなり、家を失いネットカフェを転々とする若者の取材を始めました。
大阪や東京のネットカフェで取材を重ねると、彼らが苦境に陥った背景には、自己責任では片付けられない構造改革による非正規雇用の増加、格差の広がりがあることが分かり、2006年に記事を書かれました。
約1カ月の取材で痛感したのは、当事者の方々の孤独感。都市の中では、すぐ横に人がいるのに、つながれない。ネットカフェに潜入取材をする中で、山内さんご自身も「もし経済的にも精神的にもつらい状況でこんな生活をずっと続けていたら、自分なら希望が持てなくなるほど厳しい状況だ」と感じられたそうです。
加えて、多くの若者が、幼少期に特定の大人と安定的な愛着関係を結べないまま成長し、頼れる人がとても少なかった。貧困の解決とは、お金だけでなく、心や人間関係の支援が重要だということにも気づかれたそうです。「未来のある若者をこんな状況で放置していいはずがない」。この気持ちが強まったともおっしっておられました。
その後の取材で、貧困の連鎖を絶つには、「早期の介入」が最も有効であることに気づき、「子どもの貧困」をご自身のテーマにされるようになりました。
「子どもの貧困」の背景は、複雑な要素が絡み合っていて、見えにくいのが特徴です。貧困対策への理解を広げていくためには、記事で実態を伝えるだけでなく、今この問題に手を打たなければ経済的にみても社会的な損失になることをデータでも示していくことが必要だと指摘されています。「すべての子どもの育ちを社会で保障する。この感覚があたり前になる社会にしたい」と山内さんは話しています。昨年取材で訪れた英国やチェコの制度にも触れながら、どんな目を持てば子どものSOSに気づけるのか、どんな支援ができるのかについて、みなさんと一緒に考えたいとおっしゃっていました。
この機会に、あなたも子どもの貧困について、考えてみませんか?
お申込は下記から↓
http://www.creo-osaka.or.jp/webapp/AppMain.php?koza_preview=3751&port=50141&from_kan=03
posted by クレオ大阪南 at 20:22| クレオ大阪南 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月27日

受講生のみなさん頑張ってますよ〜!

春から新たに始まった講座ですが、受講生のみなさん頑張ってますね。

私の場合、「3キロ減量」を公言してはや幾年…。
フラフープにスロージョギング、キャベツダイエットも続かず。
ダイエット.png

他にも自宅にいる時間を有効に使おうと掃除や食事の支度、語学学習を30分に区切り、名付けて「1日30分運動」を始めたのですが、結局三日坊主で終わってしまいました。

作心三日.png

韓国にこんなことわざがあります。
「三日坊主も120回行えば達成する」
“작심3일(作心三日)도 120번 넘게하면 이루어진다”
(チャクシム サミルド ペクイーシッポン ノムケハミョン イルオジンダ)

これを読んだときは目から鱗!
「なるほど!また頑張ったらええんや」って気持ちになりました。
一人で頑張るのもいいんですけど、私のような三日坊主は“強制力が必要なので教室に通うのも長続きのポイントですね。
36才から始めたピアノ教室やハングル講座は三日坊主ではなかったですから。

新学期や新年度と春からの生活も一息ついた頃。
6月から始まる講座がまだまだありますので新しいことにチャレンジしてみませんか?

こころとからだをリフレッシュ!ボイストレーニング
6/15〜7/13 毎週木曜 @朝クラス:10:30〜12:00 A夜クラス:19:00〜20:30
懐かしい歌をみんなで歌おう!〜クレオ歌声広場 〜
6/27〜7/11 毎週火曜 14:00〜16:00
高得点をめざす人のためのTOEIC対策講座(730〜800点)
6/14〜7/19 毎週水曜 19:00〜21:00
カフェ開業チャレンジ講座
6/14〜7/19 毎週水曜 13:30〜16:30

詳細は「講座・イベント一覧」をご覧ください。
posted by クレオ大阪中央 at 15:20| クレオ大阪中央 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月26日

研修&授業を地域にお届けします!

いつもクレオ大阪をご利用いただきありがとうございます。
暖かくなりましたね。というか暑くなりましたね。


夏に向けてっしぐらな今日この頃、いかがお過ごしですか?
クレオ大阪中央の事務室は空調が壊れ、温室のような環境です。
扇風機フル活動で、空調が直るまでなんとか乗り切ろうとしております。
涼しい顔で仕事しているように見えますが、なかなかの汗だく状態なのです。
顔が多少テカッていてもご理解くださいませ。

benkyoukai_kunrenkou.png

さて、暑苦しい話はさておき、クレオ大阪館で「地域出前セミナー」を行っているのをご存知ですか?
大阪市内の地域団体・学校・企業等へ男女共同参画にかかわる研修や授業を「届ける」プログラムです。
ご希望のテーマに合わせて、企画から当日の実施運営までを担当区のクレオ大阪が行います。
無料で講師を手配し、研修を行いますので毎年ご好評いただいております。

防災セミナー.jpg

5名程度の小さなグループの勉強会から50名を超える大規模な講演まで、幅広くご利用されています。(例えばPTAや町会の学習会、女性防火クラブやボランティアグループの学習会や企業の研修など)

テーマは
●女性と防災・減災
●キャリア教育
●ママのライフプランニング
●ワーク・ライフ・バランス(仕事と生活の調和)
●セクシャルハラスメント・パワーハラスメント
●デートDV防止
●メンタルヘルス(心の健康)
●子育て
●イクメン・家事ダン(男性の育児・家事)
など。内容はすべて入門編です。上記以外のテーマをご希望の場合はご相談くださいね。

参加者の声
「災害時にどのように行動したら良いか?助けられ上手になる事、など色々考えさせられた。」
「災害時になにを持ち出したらよいのかわかりました。」
(女性の防災・減災セミナー)
「それぞれの窓口や専門の分野に問い合わせることや、なりたい自分になるためのプランやワークがとても印象に残りました。
(ママのライフプランニング)
「リラックスする方法がお手軽なので家でもやってみたいと思えました。」
(メンタルヘルス)

すでに続々とお申込も来ております。大阪市内各区で先着団体までとなっておりますのでお早目にクレオ大阪までご連絡くださいませ!
天王寺区・西区・中央区・浪速区 →クレオ大阪中央
電話:06-6770-7200
北区・都島区・福島区・淀川区・東淀川区 →クレオ大阪子育て館
電話:06-6354-0106
此花区・港区・大正区・西淀川区 →クレオ大阪西
電話:06-6460-7800
阿倍野区・住之江区・住吉区・東住吉区・平野区・西成区 →クレオ大阪南     
電話:06-6705-1100    
東成区・生野区・旭区・城東区・鶴見区 →クレオ大阪東     
電話:06-6965-1200
posted by クレオ大阪中央 at 09:45| クレオ大阪中央 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする