2021年03月24日

「SDGsLABO2021 わかものアイデアコンテスト」開催!

3月21日(日)に、クレオ大阪西で「SDGLABO2021「わかものアイデアコンテスト」開催いたしました。

SDGsとは持続可能な開発目標(SDGsSustainable Development Goals)です。2015年の国連サミットで加盟国の全会一致で採択された、よりよい世界を目指す国際目標です。17のゴール・169のターゲットから構成され、地球上の「誰一人取り残さない(leave no one behind)」ことを誓っています。 SDGsは発展途上国のみならず,先進国自身が取り組むユニバーサル(普遍的)なもので、日本としても積極的に取り組んでいます。クレオ大阪では、17個のSDGsゴールのうちでもゴール5「ジェンダー平等」の課題解決に取り組んでいます。事業タイトルの「LABO」はアイデアを発信していく基地としてのクレオ大阪を表現。今回第一回目だったのですが、ハイブリッド型ウェビナー方式でオンライン配信もいたしました。

今回の事業は、次世代をになう若い人達のSDGsをテーマにしたアイデアを社会で実現させることで、大阪のまちを暮らしやすくすることを目的に企画しました。6つの発表のうち優秀なプレゼンを3決定し、選ばれたアイデアの実現をクレオ大阪がサポートする、というしかけです。フレッシュなアイデアを発表くださったのは、ご発表順に追手門学院大手前中学校、追手門学院大手前高等学校、追手門学院大学、大阪市立泉尾工業高等学校ファッション工学科ファッション同好会、大阪市立咲くやこの花高等学校、プライドプロジェクトのみなさん。そして発表の審査・ご講評をいただいたのは

大阪市此花区長 橋英樹様、成光精密株式会社代表取締役の高満洋徳様、大阪トーストマスタークラブDistinguished toast master田中典子様、学校法人上田学園 上田安子服飾専門学校副校長 山田浩之様、そしてクレオ大阪中央館 沢田館長の5名。

素晴らしいプレゼンばかりで選考委員のみなさんはぎりぎりまで真剣に議論しておられました。

その結果をお知らせいたします!

・最優秀賞「ロボット開発によるSDGs課題解決で世界を変えた5年間」

追手門学院大手前高等学校2年 ロボットサイエンス部(発表者:山本舞香さん・宮川梨空さん・倉冨星衣さん・杉本幹太さん・小倉いさぎさん・惠川陽都さん・マドックスジェームスさん)

・優秀賞「質の高い教育を次代を担う子どもたちへ‐追手門ロボットチャレンジによる社会貢献活動-

追手門学院大学 経営学部(発表者:上村玲佳さん・中西七望さん・阪東竜也さん)

・優秀賞「多目的トイレの表示について〜SDGsLGBT〜」 プライドプロジェクト(発表者:そらさん)

惜しくも入選しなかったアイデアもありましたが、どれも素晴らしい内容で甲乙つけがたかったです。そして発表時のプレゼンスキルも注目でした。思わず手を握りしめたくなるような、熱い、熱いプレゼンテーションでした!審査員の方からも「日本の未来に希望が持てる、安心した」とのコメントがありました。

発表くださったみなさん、審査員のみなさん、そしてそれを見守ってくださったみなさん、本当にありがとうございました!

此花区の橋区長がご自身の「区長日記」でもご紹介くださったので、ぜひそちらもチェックしてみてください。また次号の情報誌クレオにも取材記事が掲載される予定です。ぜひお手に取ってご覧ください。

IMG-8705.jpg

以下は参加者アンケートからの抜粋です。

・やはりこういう行事に参加している人達なことだけあって、プレゼンがすごくよかったです。

・熱意ある発表に感動しました。

・さまざまな学校でSDGsの取り組みを積極的になされていることがわかり、とても勉強になりました。今回の話を聞いて、特に災害に関する知識を深めたいと 思いました。

・初めてオンラインで受講しました。楽しみながら見ることができました。

スタッフの皆様、審査員の皆様、準備等大変だったと思われます。良い機会を与 えてくださり、ありがとうございました。

posted by クレオ大阪中央 at 19:22| クレオ大阪西 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする