2018年07月01日

その夢、話せますか?

もうすぐ七夕。
天王寺のショッピングモールでは大きな笹にたくさんの短冊がぶら下がっていました。
七夕は中国や韓国等にもありますが願いごとを短冊に書いて笹に結ぶのは日本だけだとか。
江戸時代に手習いの上達を願って書いたというのが始まりなんですって。

さて、願いごとや叶えたい夢があるなら短冊ならぬノートに書くとよいというのを見聞きしたことありませんか?
方法やスタイルはそれぞれですが、大概共通している重要ポイントは「・・・しますように、・・・したいな」ではなく「・・・します、・・・する」と断言して書くことだとか。
かなったという前提で書くことで、願いが明確になりするべき行動が見えてくるのだそうです。

有名なところではアメリカでも二刀流で活躍している彼の「目標達成シート」。
それから決勝トーナメントに進んでこのところ評価も手のひら返したように(?)上がっているブロンドの彼の「夢ノート」。
どちらも自分の願い(夢)をきっちり表明して、行動を具体的にイメージして書いていく。
そして大事なことは常に振り返ってみる、つまり読み直す。
書きっぱなしにしないってことですね。
頭の中でぐーるぐると思いめぐらしているよりも、書く+見ることで行動の指針になるし、なにより一歩踏み出すきっかけになるかもしれない。
そういえば今年9月に引退する歌姫も夢はかなえるものだと歌ってましたっけ。

そもそも願いをノートとか手帳に書くといいよと、どうしてあちこちで言われているのでしょうか。
なーんでか?(ギターの音色とともにどうぞ。分かる人は分かるはず)
難しいからです。
簡単そうに見えてやってみると意外とできないものです。大人は特に。

「私の夢」とか「私が実現する」とかいったタイトルを前にすると
謙虚とか、躊躇とか、恥ずかしさが先立つし、あと「お金がない」「時間がない」「才能がない」「若くない」「子どもが小さい」「家族が反対する」などなどのできない理由を挙げてしまう。
こんな有象無象のゴチャゴチャの中から引き上げなければいけないから、どうしたって自分と対峙せずにはいられない。
これはある意味とてもしんどい作業なので、結局「いまさら願いなんてないわー」となってしまう。
もちろん悪くはないです。これで良いです。不満ナッシング、充分だという方もいるでしょう。

だけど充分じゃない、と思っている方へ。
ひょっとしたらひとりだから筆が進まなかったかもしれません。
ひとりだと煮詰まってしまうし、「今さら」「どうせ」のあきらめ思考がコンビになって、行きつく先が「こんなん書いたってしゃーない」となりがち。

そういうときは、他の人の夢に耳を傾けてみませんか?
あなたがかなえたい夢を話してみましょうというコンセプトで、こんなセミナーをします。

「好きなこと仕事(カタチ)にしたい女性へ」7月25日(水)・7月27日(金)午後1時〜3時 全2回


夢は人に話した方がかなうのか。
心にしまっておいた方がかなうのか。
意見が分かれるところですが、
誰に話すか、どこで話すかは大事です。
愛は世界の中心でいくらでも叫んだらいいでしょうが、夢は精神衛生上の点からも場所と人を選んだ方がいいと思います。
少なくとも同じ志の人なら、笑ったり冷やかしたりはしないはずですから。

では最後に件の二刀流の彼の名言を。
「先入観は可能を不可能にする」

心にうずまく思いを「どうせ無理」で片づけてしまうのはもったいないですよ。
posted by クレオ大阪西 at 10:26| クレオ大阪西 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月15日

災害時に備えて「携帯トイレ」を試してみました

内閣府では災害用のトイレの種類と呼称の統一を呼びかけています。

つまり、
・『携帯トイレ』(袋+凝固剤がセットになったもの)
・『簡易トイレ』(便器の代わりになるもの。そして携帯トイレとセットで使用されることが前提。※一部の簡易トイレを除く)

商品、あるいは自治体発行の防災のリーフレット等で混在してるケースが見受けられます。
呼び方が統一していないと被災して救援物資で要望したときに、違うものが届いてしまうかもしれません。
いまのうちに区別がつくようにしておきましょう。

「簡易トイレ」といえば、私たちは「ダンボールのトイレ」を提案しています。
トイレそのものが使用できない、あるいは身体の状態が悪くてトイレまでいけない等の場合、
ダンボールがトイレの代わりになります。西部館の受付前に展示しています。

E38388E382A4E383AC-thumbnail2.jpg

段ボールトイレの作り方 ⇒日本トイレ研究所運営サイト「災害トイレネットワーク」

強度はかなりのものですよ。某区の消防署の方(自称100キロ)に座ってもらいましたが、びくともしませんでした。

さて「携帯トイレ」については、実際に自分の家で試してみました。

「減災チーム・トイレの備え〜水を使わないトイレの「使い方講座」をすべての人に!」で学んだことを思い出しつつ準備していきます。

まずはセッティング。
「下地袋」をかけます(写真左)。
この下地袋があると、汚れを防ぐこともできるし、底にたまっている水で濡れなくてすみます。
下地をしないでそのまま排泄してしまうと、使用後の後始末の度に水がボタボタ−ッと垂れて手間です。
そんなことなんでもない?いえいえ、水が出なくなるほどの状況下です。
想定できる手間は摘み取っておきましょう。
DSC_0040_CENTER.JPG

ところで便器の底の水ってどうして溜まっているかご存知ですか?
これは下水道からの悪臭や害虫をふせぐため。
だから災害時といえど必要なのですが、これが実際に袋をかぶせるときに結構ジャマ。
それと正直、袋ごしとはいえ便器の底に手をつっこむのがね・・・。
水の抵抗より気持の抵抗の方が強かったです。とにかく入るとこまで入れて便器の縁に添って伸ばします。

詳しい使い方はこちら
YOUTUBEでも見ることできます。

左の写真、平らっぽくなってます。あれが水の部分です。
この上に、排泄するための袋(便袋)をかぶせます(写真右)。

凝固剤は形状も粉末だったり(写真下)、タブレット、シート型とさまざま。
便袋そのものに凝固剤が仕込まれているものもあります。
説明書は必ずチェックしましょう。(大と小で使用方法が違うものもありました)

DSC_0042.JPG
某有名ホームセンターで買った凝固剤は消臭効果も高く、始末のときも臭いは気になりませんでした。
(さすがに鼻を近づけるまではできんかったです)

携帯トイレの最大のメリットは「固められる」です。
防臭袋にまとめておけば、ゴミ収集まで何とかしのげるのではないでしょうか。
ただ、いくら固められるといってもたとえば家族4人となると結構な量になるわけで、
万が一のときは、どこにどうまとめておくかも想定しておく必要があります。

・・とまあ、こんなふうに書いてたら、実験GOGO!みたいな感じでサクサクといったふうに見えなくもないですが、袋をセットしてから実際の排泄までかなり時間を要しました。
「減災チーム・トイレの備え」の講座ではセットするまでを実習して座ってみたりもしましたが、かなりの違和感がありました。
講師の方が「家のトイレで本当に実践してみましょう。でも、最初は躊躇しますよ」とおっしゃったとき「絶対にそうなるな」と思いました。
そして、普段なら1,2回はトイレに行ってる間隔なのにちっともなかったのは、意識してた以上に『あのトイレではちょっとなぁ・・・』という気持が身体をコントロールしてたのかもしれません。

確かに流れない(前提の)トイレで用を足すのは言いようのない複雑な気分で、ビニールの感触とか音とか結構なストレスでした。
自分が出したものとはいえ後始末もボヤキなしにできませんでした。
 けれど、これも最初だったことの戸惑いゆえ。
手順が分かった今、「意外と簡単にできる」という気持ちが勝って、次からはぼやかずにササッとできます。
それと始末するとき臭いがしなかったのは助かりました。
簡単だと思えたのはこの部分が大きい気がします。

排泄なんて普段は気にもとめない、っていうか人に思いっきり言いづらい事柄であるのは確かです。
でも万が一のときはもっと言いづらくなってしまうでしょう。(特に女の人は)
被災中はガマンせざるをえないことがたくさんあります。
だけど、排泄はガマンするしないの次元ではありません。
健康を脅かし、もっといえば人間の尊厳にも関わる問題なのです。
 
そうは言っても、いきなりやってみてというのもハードル高いですよね。
だから最初の第一歩として、携帯トイレってなに?どんなのがあるの?
どうやって使うの?と、お店で実物を見たり、映像を見てみるところから始めてみませんか。
その後でお家のトイレで実践してみましょう。
何度も書きますが、意外と簡単です。

「先のことなんてわからない、そのときが来たら考える」っていうのは、少なくとも災害時のトイレに関しては賛成できかねます。
“心がまえ”の点でも知っておく→試してみることは大切だと思います。
いっぺん、やってみませんか。

posted by クレオ大阪西 at 11:08| クレオ大阪西 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月24日

災害発生→断水→トイレ流れない!さあ、どうする?

防災士として「女性と防災・減災セミナー」で、仮に救援物資がすぐ来なくてもしのいでいけるように日常から準備しておきましょうとお話しさせていただいています。
どこの地域でも熱心に聴いてくださいますが、必ずといっていいくらい反響があったのは『災害時のトイレ』についてでした。

大きな災害になれば、高い確率で断水します。
そうなると水洗トイレが使用できなくなるかもしれません。

想像してみてください。
水の流れないトイレをいつもの調子で使っていけばどうなるか・・・。
水を汲んで流す?ポリタンク1個で約3回分といいますが、どこからどうやって運んだらいいか・・・。

言われて気づくってことありますよね。
かくいう私も防災士養成講座で学んで初めて「ほんまや。トイレ要るで」って思いました。

『災害時のトイレ』は今後も伝えていこう。
ついては知識や情報をブラッシュアップしたいなと、ネットで、関連キーワードを何個も入れて検索していたら、こちらの団体がヒット!しました。

「減災チーム・トイレの備え〜水を使わないトイレの「使い方体験」をすべての人に!」

団体名からしてストライク! 見つけたぞって感じ。

たとえ断水しても、家が無事で、便器も壊れていなかったら「携帯トイレ」が使える。
だけど、存在と方法を知らなければないのと同じ・・・。

なるほど、そのとおり!万が一のときに必要だからこそ、普段から使っておく。
いくら説明書きがあっても天変地異の中でまったくやったことのないことがすんなりできるとは限らない。
過去の大災害で電気も水もストップしてトイレがどんなに大変だったか。
いくつもの事例が頭をよぎりました。

サイトの文面を読みながら防災士のアンテナは反応しまくり。
そして飛び込んできたのがこれ!
「携帯トイレトレーナー講座」

水を使わないトイレ「携帯トイレ」の練習を学び、なおかつ人にも伝えられるようになる講座とのこと。

万が一のときに使えるかどうかの大きな分岐点はズバリ!"やったことがある"。
大人はもちろん、子どもでも一度体験すればすぐに身につきます。
実際「減災チーム・・」さんのノウハウをつかった携帯トイレトレーニングは、就学前の小さな子たちを対象にも全国で行われています。

練習といっても、使い方そのものはとても簡単。手順もシンプル。
携帯トイレはざっくりいえばビニール袋と凝固剤がセットになっていて、それを家の便器にセットすればいいのです。

携帯トイレの使い方

セットするだけならこれ見ながらやれば簡単にできます。

けれど、“自分が学んだことを伝える”が私の防災士としてのポリシーだし、講師の方と受講者さんと一緒の空間で学ぶことに意義がある”と思ってるので、ちょっとばかし遠方でしたが参加してみました。

最初は講師の方が「災害時のトイレの知識」をお話しくださいました。
もちろん私にとっては既知の知識でしたが、聴けば聴くほどトイレ問題は本当に深刻。
本当に他人事じゃないです。

それからいよいよ「携帯トイレの使い方実践」。
使い方を学ぶだけでなく、説明もきちんとできてこそのトレーナー講座ですので、全員が講師役になって
デモンストレーションに挑戦しました。
(写真お借りしました)
IMG_09352-1-500x375.jpgIMG_6969-500x375.jpg

やっぱり慣れないことは最初はうまくいかないものですね。
講師の方は言うに及ばず、他の参加者さんの説明も何回も聞いて「よし、覚えたぞ」と思っていざ自分が講師役になってみると、知識についてはさすがにそこそこ話すことができましたが、デモでは手順を飛ばす、忘れる、擬音だけ出る(例・ビニール袋をスーッとやって、養生テープをピッとします。←スーッと、ピッって何じゃ?)などなど、イメージと現実の乖離を痛感したわけですが、それ以上にグサッと心にささったのが「必ず自分で(携帯トイレを)使ってください」という講師の方のお言葉。

ゴールは家のトイレでセットして本当に排泄してみる、そして後始末まですること。
講座で、セッティングされた便器に座ってみると、人が見ているという違和感もさりながら、万が一のときはこれで・・・と思うとズボンははいてましたけど、ビニールの感触がなんとも言えず、ここに排泄する(ホントはそのものズバリの言葉で)と想像するだけで、ゲンナリ。
実はこの気持ちこそが個人的に携帯トイレを持ってはいても、使うのをためらっていた元凶でもありました。

けれど、講座に行って「ためらっている場合ちゃう!」と頭の中のスイッチがビシッとON!(やっぱり擬音)
同じ志を持つ人と一緒に学んだからでしょうか。
よーし、やってみよう、携帯トイレ。
家のトイレでやったらどんなふうになるのか、そしてホントにどんな状況なるのか、心境も含めて確認しよう。
そして、ブログこれだけ長くなったことだし、せっかくだから(?)レポートします。
尾籠な話が続いて申し訳ないですが、本気です。本気と書いてマジと読む。
というわけで続く。
続きを読む
posted by クレオ大阪西 at 16:11| クレオ大阪西 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする