2017年05月09日

スタンディングライブで学びました

 先日、難波のキャパ2,000超のライブハウス(と、書くと“あー、あそこか”と知ってる人は知っているでしょうが、あえて名前は伏せときます)に行ってきました。
 某韓国アイドルのコンサートで、ダンスがハンパない(と、書くと“あー、あの人か”と知ってる人は知ってるでしょうが、あえて名前は伏せときます)と評判の人で、彼の熱心なペン(韓国語でファンの意味)の友人に「いっぺん観てみ」と、勧められて参上。

 そのライブハウスは、2階こそ指定の椅子席が500ほどありますが、1階はオールフロアのスタンディング。1500人以上が終演までの3時間以上ずっと立ちっぱなし。
 お客さんには私よりも絶対に年上と思しき方も少なくなく、まさに体力と気力、そして愛!!(笑・いや、マジ)あればこそ成せる技・・・よりも私の目を引いたのは、開場前の整然とした行列でした。

 整理番号順の入場でしたが、並ぶのはプラカードを持ってる人の後ろへ、それも番号を500毎に区切って、並ぶ場所を指定してと、とにかく敷地内から人をはみ出させない。
待ち合わせといえど道路にたむろったり、コンビニ前でチケット譲渡したりしているとスタッフさんが声かけて、こちらでと誘導しておりました。
 ビルが立ち並んでいる立地、ひっきりなしに歩行者、自転車が通る、そんなところをちょっとの間だからと許してしまうと関係のない人とごった煮状態になってどんなトラブルがおきるか。
冬はこの時間は真っ暗だろう、雨が降っていたら救急あるいは警察の域にまでいくかもしれない。
 いろんな「リスク」のパターンを想像してみて、そうならないために編み出した策なのでしょう。

 スタッフさんたちの「目的」と「行動」がピタッと合わさっているような誘導と案内のおかげか、かなり後ろの整理番号でしたが遅いとは感じませんでした。
 「目的」ってふつうは実現するために立てがちだけど、この場合は逆に実現しないためのそれか。
「安全の実現」では当たり前すぎてちょっと漠然としている。リスクを想定してどう回避すればいいかの方がイメージつきやすいし、動きも落とし込みやすい。

と、人数のわりにサーッと入れたことの“タネあかし”をあれこれ推測。

全く接点なさそうなスタンディングライブで感心、「見習わなくては」と思うことがあったとは意外でした。
だけど、“すべての人が無事に、安全に”というのは私たちにとっても大原則には違いない。
取り入れられるものは有形、無形限らずいただこうと、思った次第です。
いやーいいライブだったですわ。

PS ダンスはホンマにハンパなかったです。

西部館に来てくださる方々のサポート、頑張ります!と思いを強くした講座&セミナー、
お申込みはこちらから

「第77回 クッキングサロン オキナワ 昔ながらの家庭料理」
http://www.creo-osaka.or.jp/webapp/AppMain.php?koza_preview=3826&port=50131&from_kan=02

「(受講無料・女性限定)好きなことを仕事にしたい女性へ」
http://www.creo-osaka.or.jp/webapp/AppMain.php?koza_preview=3828&port=50131&from_kan=02

「(受講無料) 40代〜50代の方へ 老後をとりまくおカネのお話」
http://www.creo-osaka.or.jp/webapp/AppMain.php?koza_preview=3829&port=50131&from_kan=02

「(受講無料・女性限定) ホントは夫と分かりあいたい女性へ (全2回)」
http://www.creo-osaka.or.jp/webapp/AppMain.php?koza_preview=3827&port=50131&from_kan=02
posted by クレオ大阪西 at 09:19| クレオ大阪西 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月22日

「クレオ大阪西・こども文化センター」をよろしくお願いします

新年度が始まってもう20日も過ぎてしまいました(焦る)
人は「年齢のせい」だというけれど、私に限っていえばそれはないはずなんですが(笑)

さて、クレオ大阪西館では春の講座が始まりました。
どれもこれも参加したいなぁ、と思わせる魅力的な講座ばかりですので、紹介しますね。

まず、トップバッターとして4月の第1週から始まったのが
○大人のたしなみ「書道」 毎週水曜日の午前10時〜正午
最近はほとんどがパソコンですから、字を書くことが少なくなりました。
ましてや筆を持つことなんてまったくありません。
だからこそ、いざという時に困っちゃうんです。
慶弔袋や記帳台にサラサラと流れるような美しい墨文字を見ると
「せめて自分の名前と住所だけでも綺麗に書きたい」

そして第2週目からは
○からだスッキリ「気功」 毎週水曜日の午前10時30分〜正午 
○英語づくしの「英会話」 毎週木曜日の午前10時30分〜正午 

身体をほぐして、全身の血気の流れを良くする中国の伝統的な養生法が気功です。
ゆっくりと静かに体を動かして、ジワッ〜と汗をかきながら肩こりと心のストレス解消したいなぁ。

継続こそ力なり!まさに語学の学習ですね。
近い将来、観光立国になる可能性がある日本。
街中で外国人に話しかけられる機会がこれから増えるかも・・・?
せめて、
Excuse me, I can not speak English
と流暢に言えるとス・テ・キじゃない。

そして、昨日から
○「アカペラ」で歌う世界のポピュラーソング 毎週木曜日の午後7時〜8時30分
が始まりました。クラシックにジャズ、映画音楽やポップスなど言語で歌えるとちょっとかっこいい。
英会話のクラスと一緒に受講すれば、さらに発音に磨きがかかるかも。

いずれのクラスも体験受講が可能です。
お試しにぜひいらしてください。
みなさんのご参加を心からお待ちしています。

詳しくはコチラ
http://www.creo-osaka.or.jp/webapp/AppMain.php?_action=WKozaKensaku2&_type=webapp&_mode=koza&kankatsu=02&hdnFromKanCd=02&kensaku=&x=93&y=18
posted by クレオ大阪西 at 15:51| クレオ大阪西 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月12日

<乳がんセミナー>を実施します

<「乳がん」セミナーを実施します>

2月26日・日曜日(午後1時〜4時15分)にクレオ大阪西で乳がんセミナーを実施します。
題して、「乳がんのリアルな話 〜経験者・サポーターに聞いてみよう〜」です。
こちらをクリック
http://www.creo-osaka.or.jp/webapp/AppMain.php?koza_preview=3804&port=50131&from_kan=02
page-0001.jpg

セミナーの後は「ミニ相談会」(予約制)も行います。

乳がんは今や女性が罹患するがんの第1位。
しかも、最近では30代、40代で乳がんになる方も増えています。
誰が罹っても不思議ではありません。
だからたくさんの女性の方に乳がんのことを知っていてもらいたいし、自分が乳がんになったら人生はどうなる?という想像もしてほしいのです。

なぜなら!
乳がん、って早く治療すれば、10年生存率90%。命が助かる確率がすごく高い「がん」なんです。
それなのに、私の周りにはまったく無関心な知り合いがいっぱいいます。

その心の奥には「忙しいから」、「面倒だから」、「まさか私が罹るわけない」なんて思いがあるのでしょうか・・・
“女性が罹患するがんの第1位”だからこそ、定期的な乳がん検診やセルフチェックをしなくちゃいけないのに・・・
早期発見、早期治療でその後の人生は大きく変わるかも知れないのに・・・。

ということで、今回のセミナーは2部制、2組の方を講師にお迎えして、告知されたその後の人生、治療、費用、仕事や家庭の兼ね合いなどについてお話しいだだきます。

第1部でお話をしてくださるのは、女性がん患者の会「ハーブ」から3人の乳がん経験者の方々です。
乳がんは早期発見できれば延命率がぐんと高いといわれています。
だけど、早期発見のいいところは「助かる」だけではありません。
「ハーブ」の皆さんは、告知から今までどう過ごされているのか、早期発見できて何がよかったのか、
実際に経験された方だからこそ、その話は貴重であり、耳を傾ける価値があります。

第2部は、国立病院機構大阪医療センター がん相談支援室の医療ソーシャルワーカーの長谷川友美さんを
講師に、治療とお金と仕事をテーマにお話しいただきます。

もしも乳がんになったら・・・きっと知りたくてたまらないのは、病気そのものの知識よりも、
「いくらかかるの?」とか「仕事続けられるのか」とか「家族のこと」ではないでしょうか。

また、セミナー終了後に個別に「がんミニ相談会」も実施します。
今回、特別に国立病院機構大阪医療センター「がん相談支援室」が出張相談という形で、担当してくださいます。
病気や治療だけでなく、医師や家族とのコミュニケーション、仕事やお金のことで悩んでいる方、知りたい方、また家族が罹患していて看病しているという方もご相談できます。
ご希望の方はセミナー申し込みの際に、お伝えください。(電話にて先着6名、1人15分程度)

このセミナーで「早く見つけて、治療すれば命が助かるだけじゃなくて、その後の生き方までも変ること」を実感してくださることを願いつつ、ご参加お待ちしています。

お申込はこちらをクリック
http://www.creo-osaka.or.jp/webapp/AppMain.php?koza_preview=3804&port=50131&from_kan=02

posted by クレオ大阪西 at 15:41| クレオ大阪西 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする