2016年11月16日

ダンボールトイレを作っちゃいました!どうヨ!!

toilet.jpg

 (I have a carton... I have a toilet … un, catoilet!! 
これダンボール、これトイレ、うん・ダンボールトイレ!!)

10月に地域出前セミナー「女性と防災・減災」で大正区に行ったのですが、その時にお世話になった地区女性会の会長さんが「よかったら、どうぞ」とくださったのが、ダンボールトイレの作り方説明書。
大正区に出前セミナーに出かけていつも思うのですが、防災への意識がどの地区も高い。

今回訪問した地区では、私たちの出前セミナーの前にも防災の勉強会をされていて、その時にみなさんでこのトイレ作りをされたそうです。

避難所運営での困り事の一つに、大量に送られてくる支援物資の空き箱の処理。

ゴミとして積み上げてある空き箱を使ってトイレを作るなんて、考えた人はほんとうに偉い!!
エコノミー症候群にならないように避難中の生活で身体を動かすことは欠かせませんから、この軽作業は健康のためにも、気分転換にも良いと思います。

それに、みんなでワイワイ協力して何か作業をすることで連帯感も湧いてくる。
そして何よりも、自分だけのトイレがあるとちょっと安心じゃないですか?
特に高齢者や障がいのある方、子どもさんなどの急用の時に便利ですよね。
共同トイレまで遠いと間に合わないこともありますからね。

製作時間は大人2人で約30分
(ちなみに、1名はDIYプロ級、1名はカッターナイフもまともに使えない不器用者=それはワ・タ・シ)
必要な資材は、ダンボール箱・2個、新聞紙・朝刊1部、ビニールのゴミ袋大・1枚
使った道具は、ガムテープとカッターナイフのみ
これって、すごくな〜い?

toilet2.jpg

ポイントは身体に合わせてダンボール箱のサイズを選ぶこと。
座って、踏ん張る時に、ちゃんと足が地につくか、どうかが、箱の選別のコツ。
今回は展示用ということで、ちょっと大きめの箱で作ってみたので、私には大き過ぎてお尻が中に落ちちゃいます。

このトイレの作り方は日本トイレ研究所が運営するサイト「災害トイレ情報ネットワーク」でご覧いただけます。http://www.toilet.or.jp/dtinet/311/dtoilet.htm

100均グッズで作る第1次避難持ち出しぶくろと一緒に展示コーナーに置いてありますので、ぜひ見に来てください。
panel.jpg
posted by クレオ大阪西 at 15:37| クレオ大阪西 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月01日

変わりたいと思っている人へ 【セミナーのご案内】

今日は西部館のおすすめセミナーをご紹介します←通販番組風に。

「ホントは夫と分かりあいたい女性へ」

タイトルこそ(狙ったとはいえ)ちょっとシビアで意味深な感じにしてますが、
きっと楽しい時間になります。ブルーな気持ちの人も、ほっこり。
ひょっとしたら爆笑!?
なんでかって?講師の方がそういう時間にしてくれるからです。

講師は渡瀬美和さん。思考改善専門家、心理カウンセラーさんとして、大活躍。
愛称は「みわちん」。
みわちん写真.jpg

「美貌」の二文字に偽りなし!美しい方です。
みわちん先生とは某セミナーで受講者同士として知り合いになりましたが、最初お見かけしたとき
「めっちゃオーラのある人やなあ」とポカンとしてしまったほど。
だけど、もっと驚いたのは全機種全天候対応型とでもいいたいくらいのオープンマインド。
誰に対しても自然にうちとけるし、明るく、快活でよく笑う。

そらあんだけべっぴんさんやったら、好かれるわ。
何不自由なく人生のメインストリートをスーイスイと行っとるんやろな( ←若干のひがみ入り)
なんて思って、みわちん先生のブログを見てみたら・・・衝撃、愕然。

御夫君の金銭トラブル、息子さんの不登校、親族との確執、ママ友、仕事など人間関係のゴタゴタ
次から次へと押し寄せて孤軍奮闘するも解決の糸口さえ見つからず、
御夫君にも、息子さんにもネガティブ、マイナス、恨み節、罵詈雑言をぶつける日々。

しまいには「夫(アンタ)の前で絶対に笑わん」と恐ろしい誓いを立て実行するまでに。
この頃の写真がブログに出てましたが、上の写真と全然違います。まるで別人。

どんな顔!?と思われた方はみわちんブログへ。(違いすぎてむしろ笑えます。すいません、先生)
http://ameblo.jp/kokochan0106/

身も心も疲れ果て、人生終わりにしたいとまで思った頃、心理カウンセラー心屋仁之助さん主宰のセミナーを受講。すると、いままで自身の心を閉ざし、縛ってたものが何だったかが少しづつ見えてきて・・・

「家族のためにって頑張ってたけど、家族を全然信用してなかった。少しづつダンナさんと息子に、私の気持や心を伝えていったのよ。最初はお互いにかたくななところあったけど、だんだんと分かりあおうとしていった感じになって。問題が無くなったわけじゃないけど、今はダンナさんも、息子も信頼してるから大丈夫。」
 
家族に気持をきちんと(←ポイント!)伝えることができたら、対人関係のスタンスもガラッと大転換。
他人の顔色をビクビク、オドオドと伺っていた自分ともスッパリ決別。
同時に、過去の自分のように夫婦、家族関係で悩んでいる人が多いことに発奮。
専門家のもとで本格的に心理学、思考法などを学び、現在は「思考改善専門家」として悩める女性を対象にカウンセリング、ワークショップを主宰しています。

ウチでもセミナーの先生してもらえませんか?と訊いたら
「いいよ!なんかワクワクしてきた」と快諾。
ワクワク、そうね、みわちん先生なら楽しいっていうよりおもろいセミナーになりそう。

家族のあれやこれやでなーんか心がどんよりって人も、夫といまいちしっくりしてないって人も、
どうせ私の人生こんなもんでしょ、もうええわって思っている人も
みわちん先生がぜーんぶ受けとめます。
特に「どうせ、こんなもん」なんて捨て鉢な気持でいるなら、来てみませんか?
人生の軌道修正は何歳からでもできる!みわちん先生が何よりの証拠です。

セミナー「ホントは夫と分かりあいたい女性へ」

日時は、平成29年1月25日(水)・2月1日(水)午後2時〜4時
申込はこちらからどうぞ →
http://www.creo-osaka.or.jp/webapp/AppMain.php?koza_preview=3788&port=50131&from_kan=02

posted by クレオ大阪西 at 12:07| クレオ大阪西 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月04日

出前セミナーに行ってきました

9月30日、港区へ出前セミナー「女性と防災・減災」に行ってきました。
港区のママさんたちにベビーと一緒に防災・減災への意識を高めていただきました。
港区民ホールで和室を借りられたので、ゴロゴロ転がっているベビーもいれば、座卓につかまり立ちしたり、よちよち歩きまわる子どもさんもいて、和やかな雰囲気の中でのセミナーになりました。
10.4港出前先生.jpg

講師はプラス防災の坂本真理先生です。
内容をアレンジしてくださったおかけで、グループワークで持ち出し袋について考えたり、防災食を試食しながら参加者同士の交流会があったりと1時間30分があっという間に過ぎるほどの充実した内容になりました。先生ありがとうございます。
10.4港出前模造紙.jpg

セミナーが終わって、さて帰ろうかという時に、坂本先生が「軽自動車だけど、良かったら送りますよ」とおっしゃってくださったので、ついお言葉に甘えてしまいました。
が、駐車場に着いて先生のお車を見て!驚愕!!ジャジャジャ〜ン
10.4港出前car.jpg

「宣伝にもなると思って」とおっしゃっていましたが、こちら先生のマイカーです。
プラス防災可愛いですよね〜。
黒にピンクとラブリーなドッグが映えています。
なんと言っても凄いのは、ちょっとした雨も凌げる可動式のルーフが車の屋根に装着されてあるだけでなく、その内部にもびっくりです。
ちゃんとマットレスがひいてあって(枕つきですよ〜)。
大人2人なら足を延ばしてゆったり寝れます。
マットを片付ければ、椅子があり普通の軽自動車に戻ります。

10.4港出前car内部.jpg

それだけではないんです。
なんと、開くと机が出てくる棚が付いてあって、さらに携帯の充電にも便利なコンセントまで装備されています。
10.4港出前.jpg

これなら、いつ災害がやってきてもちょっと心強いですよね。
とても軽自動車がこんなキャンピングカー仕様に変身しているなんて誰も思いつかない。
やっぱり日々防災の坂本先生は、凄い!!

セミナーで感激し、車に感動した半日は、私にとっても防災意識が格段に高まった意義ある時間となりました。



posted by クレオ大阪西 at 11:11| クレオ大阪西 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする