2020年01月13日

令和2年が明けました!

遅まきながら、新年あけましておめでとうございます。

本年もクレオ大阪南をよろしくお願いいたします。

松の内、関西ならば15日までということなので何卒ご容赦を!

kane.jpg

そしてなにか新年らしい写真を、ということでまずは年末の写真から。

こちらは除夜の鐘をついている写真です。

年末年始は友人と除夜の鐘を突くのが恒例行事で、今年も行ってまいりました。

突いた時の感触と、響く音でとても清々しい気持ちになれます。

しかし友人たちもぼちぼち結婚し始めたので集合しきれなくなってきております。

なんとか家を抜け出してきたものの財布の中身をパートナーにほぼ全て奪われ、所持金が2,000円でやってきた友人もいました。

家庭を持つって大変なんですねぇ

jinja.jpg

こちらは神社の写真です。お寺と神社が同じ山にあるので、お寺で鐘を突いた後はそのまま神社へあがって二年参りをする、というところまでが我々のワンセットです。

ここでおみくじを買って一年の運勢を占い、お守りを買ってお神酒をいただく、という流れでございます。

ちなみに今年は小吉でした。慎ましく生きることにします。


以上、私の年末年始の様子でした。

重ねてにはなりますが、今年もみなさまどうぞよろしくお願いいたします!

posted by クレオ大阪南 at 09:31| クレオ大阪南 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月28日

本年も当館をご利用いただきありがとうございました!

こんにちは!クレオ大阪南・館長です。

夏のある日、転倒で首の神経を圧迫、手足のしびれに始まり、歩行も困難になりました。3か月を経てようやく手術となり、つい先日まで入院していました。

IMG_0122.jpg

25年働いて初めて長期離脱となったわけですが、色んなことを考える時間をいただいたと前向きに捉えています。

とはいえ、入院中、高齢の母に介助されることは想像すらしていませんでした。

自身の結婚式のときに、父から送られた「健康第一」。その言葉の重みがようやく理解できた気がします。


皆さまもお身体くれぐれもご自愛され 良いお年をお迎えください。元気でお会いできるのを楽しみにしております。

posted by クレオ大阪南 at 19:09| クレオ大阪南 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

読書のレシピ 中野京子『怖い絵』

IMG_5327.JPG

この本の前書きに、こんな一文が登場します。

「これまで別に恐ろしいとも怖いとも捉えられていなかった作品の中に――画面には何ら恐怖を感じさせるものは見当たらないし、描き手もそんなことは目指していないにもかかわらず――実は慄然とする秘密がかくされている」

「絵画に隠された秘密」なんて、ちょっとわくわくしませんか?
そしてこの期待は裏切られません。一枚の絵に隠された「怖さ」が、中野さんの解説を読むにつれ、ぞわぞわとした実感を持って迫ってきます。しかも中野さんの文章はわかりやすく、読者を置き去りにしないので、絵画に詳しくない人でも、興味を失わずに読み進めることができると思います。
場合によっては、恐怖や暗部を暴露することは、華やかで上品な作品のイメージを損なってしまいますが、中野さんの解説を読むと、この絵は「怖さ」があってこそ魅力的なんだ、この絵になぜか惹きつけられるのは「怖さ」があるからなんだ、と作品ごとの新しい魅力が見えてきます。この、だまし絵のトリックに気付く瞬間のような、わくわくする不思議な感覚を、ぜひ体験してみてください。
posted by クレオ大阪南 at 19:05| クレオ大阪南 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする