2021年01月05日

「エンディングノート」って聞いたことありますか?

みなさま、新年あけましておめでとうございます。

昨年猛威を振るった新型コロナウィルスは、沈静化どころか、

依然として蔓延している状況ですが、

今年は何としてもこのしつこいウィルスに打ち勝って、👊

いつもの日常を取り戻したいものです!

今年もクレオ大阪南をどうぞよろしくお願いいたします。

ところで、「エンディングノート」って聞いたことありますか?

エンディングノートとはその名の通り、自分の死に備えて自身の身辺情報を整理したり、

生前、死後の希望を書き留めておく為のノートです。

昨今このエンディングノートというワードが再注目されています。

と、いうのも新型コロナウィルスが猛威を振るい、

いつかはだれにも訪れる「死」というものを自分事として、

再認識した人が多いということではないでしょうか?!

クレオ大阪南でも、「「終活」はここから エンディングノートを書いてみませんか?」

というセミナーを新年早々1/10に実施する予定ですが、

おかげさまでたくさんのご応募をいただき、早い段階で満員となり、

キャンセル待ちもいっぱいという状況です。

あーぁ、聴きたかったなぁ・・・というそこのあなた

まだチャンスはあります


2021年2月以降、エンディングノートのセミナーを

クレオ大阪南以外の場所に出前でお届けさせていただきます。

そう,出前セミナーです。

2/7住之江区(住之江会館)、2/11住吉区(住吉区民センター)、

2/20東住吉区(東住吉会館)、2/28阿倍野区(阿倍野市民学習センター)、

3/21西成区(西成区民センター)

時間はいずれも14時〜16時で実施予定です。(クレオ大阪南まで要事前申込)

※詳細はクレオ大阪南のHPで。(http://www.creo-osaka.or.jp/south/

エンディングノートには法的効力はありません。

なので、遺言書と違って、生前でも中身を確認することができる上、

状況が変われば、なんどでも加筆、修正が可能です。

タイムリーな意思を即時に反映することができるエンディングノート。

とはいえ、どうやって何を書いたらいいのやら・・・?


そこでこの機会にぜひ各区で実施予定の

クレオ大阪南の出前セミナーをご活用ください!

場所はクレオ大阪南ではないのでお間違えなく!!


お問い合わせ・お申込みはクレオ大阪南まで(先着順) 

Tel06-6705-1100 Fax06-6705-1140

休館日:月曜日/祝休日の翌日(日曜日又は休日の場合は除く)

開館時間:9302130

                                                       
posted by クレオ大阪南 at 15:54| クレオ大阪南 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月30日

「10月と言えば・・・」

毎年10月は、乳がん早期発見ピンクリボン月間です。

生涯に乳がんを患う女性は11人に1人と推定されています。

乳がんはとても身近な病気です。

しかし、乳がんは早期に発見すれば、90%以上の方が

治るといわれています。

そのため、クレオ大阪では、早期発見の重要性を訴え、

定期健診と自己触診の大切さを

広く伝える「ピンクリボン運動」を応援しています。👊

乳がんの早期発見・早期治療の重要性を知り、

いまや世界規模で⾏われる「ピンクリボン」をひとつのきっかけとして、

今年はあなたも乳がん検診を予約してみませんか。

クレオ大阪南では、乳がんを患い2018年に53歳で永眠された

さくらももこさんのブックフェアを開催しています。

おなじみのちびまる子ちゃんシリーズです。

また、10月と言えばハロウィンの月ですよね。

ハロウィンといえば、最近は仮装をして大人も子どもも楽しめる

イベントのひとつになっているのではないでしょうか。

クレオ大阪南ではお子さんと一緒に楽しめるハロウィン絵本も

展示していますので、

ぜひ図書コーナーへお立ち寄りください。

さくらももこ.JPGハロウィーン.JPG

posted by クレオ大阪南 at 10:44| クレオ大阪南 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月27日

「音で文学作品の散策をしてみませんか?」

タイトルは「心とカラダを整える おとなのための1分音読」

本の紹介.JPG

かわいらしい表紙をめくると、大きな文字で

(しかも漢字はすべてルビつきで、難しい言葉には解説もついていて、わかりやすい。

特に文学好きでなくても教科書や夏休みの読書感想文のために1度は読んだことのある

なじみのある名作の一節が目に飛び込んできます。

「吾輩は猫である」「坊ちゃん」などの小説や、「徒然草」といった随筆、詩など

1分を目安に読める文章」が載っています。

このなじみのある名作を声を出して読んでみましょう。

ということですが、

音読なんてはるか昔、学生時代以来?

という人が多いのではないでしょうか?

これがなかなかこころとからだ、脳の活性化に良い!ということなんです。

「黙読」の場合は文字を読んで情報を処理するだけ(=インプットのみ)。

音読はさらに、口に出す(=アウトプット)、

読み上げた音声を耳で聞く(=インプット)。

これを繰り返すことで脳が活性化され、

記憶力や理解力も高まるのだとか。

また、音読すると幸せホルモンのセロトニンの分泌が高まり、

気持ちが落ち着き、リラックス効果があるのだそうです。

声に出すと、のども鍛えられるし、ストレス解消にもなるのでは?!👊

Withコロナ期にはいり、目に見えない敵と戦う毎日ですが、

特に高齢者はかかると重症化するということから、

長年続けてきたお稽古事をやめてしまったり、

人と会うのを恐れて外出を控えたりと社会から孤立してしまい、

そのことで認知症になる危険性が高まっています。

この音読は日常生活の中で手軽にできるアンチエイジング!

まさに心とカラダを整えてくれます。オススメです。

posted by クレオ大阪南 at 14:33| クレオ大阪南 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする